2005年10月12日

新キャラ登場 ウイリアムだけど

第25話 ワールズ・エンド・ガーデン
新キャラ、ウイリアムが登場しましたが、レントンはゲッコー号に戻るとか言って、ボードで飛んで行きましたね。と言うことは、彼は今回限りのゲストキャラかな。せっかくのカイ・シデンなのに。もったいない。でも、今回のエピソード内容から考えても、一発キャラっぽいなあ。ロープレで主人公が途中に立ち寄る村のエピソードっぽかったもんなあ。
ホランドが出てくるまで忘れてたけど、ゲッコー号って襲撃される予定でしたね。チャールズに。今回もヘンな回想シーンがありましたね。えらく悪い顔になってたチャールズの。
次回、レントンは戻るのかな。でも、ホランドはオチョコのままだしな。また殴りシーンあったらヤダな。チャールズ、落としてくれないかな、ホランドを。
posted by wolfalone at 03:40 | TrackBack(0) | 交響詩篇エウレカセブン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月03日

チャールズ夫妻からさようなら

今週のエウレカセブン。レントンは、早々とチャールズの所から離れてしまいました。この辺りのあっさりした感じが、ガンダム、エヴァと似ているけど違うところなのかな。前世代までは、もう少し粘着性があったから。それにしても、レントンの父親のことと、ゲッコーステートのことを知って、どうしてチャールズ妻はあんなに驚いてたのかな。モンキー・パンチ風の絵になるくらい、ショッキングなことなのかな。わからないねえ。
次回予告を見ると、さらなる出会いがレントンには用意されてるみたい。期待を裏切らずに、レントンが旅を続けてくれることを願う。
posted by wolfalone at 00:27 | TrackBack(0) | 交響詩篇エウレカセブン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月21日

定番の少年逃避行 クラックポット

今週のエピソード「クラックポット」。
ガンダムでアムロが砂漠に逃げ出して以来、アニメで少年が逃避行するのは定番になった。シンジが未来の山手線でグルグルしてたのも有名。ま、レントンはニルヴァーシュ置いて来たし、うつむいてウォークマン聴いてるわけでもないけど。公園みたいなところで、妙に音楽に乗り始めた時は面白かった。絵的に。サムライジャックのエッセンスが見えたよ。無表情で、目がまんまるで、でも、身体はビートを刻んでて。
逃げた先で出会ったふたりは、まだまだ若いから、「自分の力で勝ったと・・・」なんて説教たれないだろうし。教育係みたいに怒ったりしないだろうし。どうなるのか興味ある。ホランドとは知り合いみたいだから、過去話がどこで暴露されるのかも楽しみ。暗い結末だけはノー・サンキュー。
ふぬけたゲッコー号のメンツ。特にホランドは。レントンが居なくなったことをエウレカが知ったとき、どうなるんだろう。気がふれるのか、タルホがカツいれて追いかけさせるのか。こちらは早めの展開を。

交響詩偏エウレカセブン Voice I-doll エウレカ
icon
posted by wolfalone at 21:00 | TrackBack(0) | 交響詩篇エウレカセブン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月06日

ホランドはリーダーとしてどうか

先週と今週と、まとめて見てからの方が良いと思って、先週は書かなかった。けど、結論はほとんど変わらない。
ホランドが、レントンに対して、やたらバイオレンスなのは、お気づきの通りです。その背景には、ホランドとレントンの姉が、おそらく、恋人だったこと。レントンの父の偉業とホランドの過去にも何かあり。さらに、エウレカに対してレントンが相性ピッタンコなこと。などが混ぜ合わさっているのだと。
結論として、ホランドは、リーダーのウツワではない。
殴り過ぎじゃ。キレ過ぎじゃ。仲間にとめられるまでやってどうする。今週のエピソードから、軍に居た時の辛い経験があるのは分かる。だが、自分の中の煮え切らないものを、子供のレントンにぶつけても仕方ないぞ。逆に、レントンはあそこまで理不尽にされても、あの程度の暴走でおさえているのだから、ホランドより大人にみえる。
とにかく、ホランドはダメだ。
ところで、今回のニルヴァーシュの暴走シーンは凄かったね。まんま補完計画と、初号機暴走の再現でした。死体の描写がエグい分、R指定行きかも。まあ、作画の品質が高いから、オーケーはオーケーですけど。
交響詩偏エウレカセブン Voice I-doll タルホ
icon
posted by wolfalone at 14:31 | TrackBack(0) | 交響詩篇エウレカセブン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月26日

CSアニマックスでも始まりました

今日から、CSのアニマックスでもエウレカが始まりました。
時刻表示は消えたけど、「ANIMAX」てロゴが入ってる。参ったか。
第1話「ブルーマンデー」見ましたよ。人間の記憶なんて曖昧なもの。そうそう、レントンは最初「最悪だ」を連発するクラい奴だったんだ。それから、じっちゃん。出て来ないねえ。「世界を救った」レントンのおとんの話、未だに分からないね。エウレカが「信じすぎることで不幸になることもある」と言っていて、このセリフは、後々、レントンが彼女の過去を知った時に威力を発揮するね。
学校で女の子たちが雑誌を読みながら「タルホさん超きれいー」とか言ってたのが笑えた。
復讐モード、これからも継続したいと思います。
つづく。
posted by wolfalone at 22:53 | TrackBack(0) | 交響詩篇エウレカセブン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月10日

ドミニクとレントン

今週のエウレカセブン、なかなか良かったっす。第13話「ザ・ビギニング」。
コーラリアン消失ポイントにうずくまるニルヴァーシュとジ・エンド。そして、エウレカとアネモネ。ふたりの治療をするために、ドミニクレントンが病院を探すのね。敵同士が一緒に行動するのは、ルパンと銭形の時代からのならわしですが、今回のは特に良かったね。と言うのも、ドミニクのキャラが今までハッキリしなかったんだけど、結構、熱血タイプなのね。アネモネに御執心なのがチト痛いけど、単に戦力として大事にしている以上に、何かありそうだし。あと、どうしてレントンの名前を知っているのかも、謎。レントンの姉がらみかな。
今回の発見は、バイクにもコンパクドライブが必要だってこと。LFOの時代に、マフラーが重要な部品になっていること。それから、ドミニクの声優さんは山崎樹範なんだね。「めだか」だね。面白いね。
それから、今回の後半でコーラリアン消失ポイントで展開された戦闘シーンは、なかなか良かった。あのノリのいいBGMに、遠方からの射撃で上がる黒い爆煙。そして、突然覚醒するエヴァ初号機・・・じゃなくてニルヴァーシュ。レントン、ドミニクの間に、どんな関係があるんだろうか。
来週から第2シーズンに入るので、謎ばかり仕掛けてないで、少しずつ明るみに出してくれ。飽きちゃうぞー。
posted by wolfalone at 15:41 | TrackBack(0) | 交響詩篇エウレカセブン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月04日

第12話 アクペリエンス・1

出た。ついに出た、て感じです。
レントンの気が狂ったような表情。ひんむかれた眼。薄ら笑いしながらコンパクドライブを抜く様子。わけの分からない教室の風景。粘土細工の先生と生徒。トイレの中。冷蔵庫の中のアネモネ。蔑んだような表情。レントンを見ているレントン。最後に、光の射して来る方へ、エウレカが優しい声で誘う・・・。こ、これは・・・
エヴァやんけ。
コーラリアン、消えてしまいましたなあ。何だったんだよ、結局。
にしても、もし、コーラリアンの球体を、ニルヴァーシュが中から突き破って出て来たら、まんま、になるとこでしたわ。
posted by wolfalone at 00:09 | TrackBack(0) | 交響詩篇エウレカセブン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月26日

コーラリアンて結局・・・

第11話「イントゥー・ザ・ネイチャー」。
コーラリアンて言う現象が発生したので、そこに向かうレントンたち。でも、このコーラリアンて言うのがよく分からない。でっかい雲の塊みたいだったけど。で、その周りではトラパー濃度が異常に高くなるみたいです。ザコキャラがドンドン蹴散らされてました。
アネモネは、狙い過ぎててイヤなキャラです。敵としてはびこりそうなので、先が思いやられます。ジ・エンドとか言うLFOに乗って攻撃して来るのですが、LFOって斬られると血が出るのね。ドバァーと。エヴァみたいに。出していいのか、血?
御飯食べてる時に夢の話してて、エウレカは夢見ないとか言ってたし。それって綾波だし。見なくていいのか、夢?
今回は、ニルヴァーシュがジ・エンドに捕獲されたところで「つづく」。次回は、予告で見るかぎり、何か夢の中のような、抽象的な空間で話が進行してたけど、これもまた何か・・・似てるなあ。
で、コーラリアンて何なの?


はちみつで作ったフルーツジャム(ストロベリー)【さわやかオンラインショップ】

はちみつで作ったフルーツジャム(ストロベリー)
posted by wolfalone at 07:51 | TrackBack(0) | 交響詩篇エウレカセブン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月19日

無重力バンザイ

今週のエウレカセブンは、"ハイアー・ザン・ザ・サン"て、弾道飛行のことだったのね。
たとえて言うなら、科学忍法火の鳥。あるいは、ヤマトのワープ。それは、"総員、席について気をつけなさい! 吐くんじゃないよ!"モードに入らないと出来ないことだから。
結局、タルホはわざとミスって、連邦軍マナアキ基地の跡地に着陸。ここが、また、因縁の地らしくて。レントンがアイロンで焦がした軍服を着ているタルホと、ホランドが抱き合ってるシーンがありました。ここのところ、謎かけのエピソードが続いてる。いいかげんに種明かしもしてくれないと、疲れる。期待が高まった分、"なぁ〜んだ"てことにもなりかねない。せっかく質の良い作品なんだから、満足度も上げてください。
今回は駄目押しで謎かけが続きます。ムショから出て来たあの人、デューイ中佐が散髪してました。アネモネっちゅう鼻血少女が登場。ホント、何が何やら。
「無重力バンザイ」て言ってたけど、レントンの考え方って、結構オヤジしてる。それから、ゲッコー号って"こんな人、居たんだ"て発見が終わらない。ニルヴァーシュの下で告白しようとしてるレントンの周りを「バラしちまえよ・・・」と消え入りそうな声で囁きながら彷徨っていたピープル。何なんだ・・・。
今週は携帯サイトでプラモと今回までの待ち受けのプレゼントがあります。

交響詩篇エウレカセブン ニルヴァーシュ typeZERO
posted by wolfalone at 08:21 | TrackBack(0) | 交響詩篇エウレカセブン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月12日

シウダデス・デル・シエロにて エウレカの過去炸裂

ヴォダラクの聖地、シウダデス・デル・シエロにて。とても内容の濃いエピソードでした。
ホランドたちは、昔、軍の命令で大量殺人しまくってたと。エウレカも。指令を受けて人を殺しているエウレカは、ゲンドウの操り人形のようでした。瞳も死んでる感じで。で、その殺しまくってる時に助けたのが、あのチビ3人。あの額の傷はそういうわけだったのね。
聖地が爆撃された歴史を語るティプトリーと、背景にひろがる風景の感じが、何となく「未来少年コナン」してたよ。ちょっと暗めの配色が、そんなムードだった。今回は、全体的に濃い配色だったけど。
ホランドが呟いた「この戦い方は、エウレカじゃないな」というセリフとか、やたらニルヴァーシュに語りかけるエウレカを見てると、あの機体に何かとりついてるんじゃないかと思う。レントンの姉さんの魂とか。よう分からんけど。
ふたりして軍の機体に切り込んで行くところでは、弐号機の水中戦闘を思い出しました。何となくね。
今回は、サラッと大事な過去を語っちゃったけど、まだまだ秘密はあるんだろうなあ。それにしても、レントン君、標識が吹き飛ぶほどの勢いでぶつかったのに、平気なのキャ?

バナー 10000082
posted by wolfalone at 07:58 | TrackBack(0) | 交響詩篇エウレカセブン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月05日

ヴォダラク ティプトリー 小5のドリル

今週も、子供絡みのお話で。
ゲッコーステートって悪いこともやるって分かってたけど、ここまで悪いとはね。でも、装備を買うのに金出し惜しみするから、イマイチ決まらないのね、いつも。メーテルを助けてくれたティプトリーというおばさん。たしか、「ハウルの動く城」にも出てたよね。・・・出てたよ。またまた、新しいキーワード「ヴォダラク」が登場。反政府組織ですと。あのおばさんが連れて行ってと言っていた土地にも、何か因縁があるみたいだし。それにしても、レントンって小5のドリルやるのか。
posted by wolfalone at 19:41 | TrackBack(0) | 交響詩篇エウレカセブン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月29日

ムーンドギーは何故訛る

第7話 アブソリュート・デフィート
今朝は、Aパートだけ見た時は"なんだ、このダルダルは"と心配したけど、Bパートになった途端、見事にまとめにかかってて良かった。見えてたけどよく分からなかったムーンドギーさんのキャラがハッキリしましたね。でも、なんであんなに訛ってるのかは、依然として不明。
今回のエピソードは、釈放された人がどうのこうのとか、敵機を襲ってた謎の存在とか、コアな部分にいきなり入ると、ラーメン食べてる途中にタイ焼き食べたようなことになるから、クッションみたいなものを置いたんだろうなと。
ゲッコー号のクルーについて、またちょっと馴染めたから、いいエピソードと言えます。グッジョブです。
ちなみに今朝の待ち受けも、訛りの彼だよ。それから、番組直前にだけゲットできる待ち受けサービスも始まったみたい。

DAYS / FLOW
icon
posted by wolfalone at 08:32 | TrackBack(0) | 交響詩篇エウレカセブン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月22日

恒例の子供ネタ 今週のエウレカセブン

今回は、ガンダムなどでもお馴染みの子供ネタ。
男の子ふたりに女の子ひとりってのも、ガンダムのカツ・レツ・キッカと同じか。ただ、ちょっと違うのは、エウレカのチルドレンたちは被害者じゃなくて加害者ってところ。艦の機械こわすなー!!
ホランドは、ムショ(?)から出て来る人を見てビビってたけど、何なんだろ。それにしても、ホランドの部屋、テレビしかなかったね。
このところ、携帯待ち受けをゲットしにアクセスすると、どえらくオモい。人気出て来た。アンド、生で見ている良い子が多いニャ。今後、ゲームや他のメディアに展開された時のふぃ〜ばぁ〜ぶりが怖いよ。

交響詩篇エウレカセブンDVD2
icon
posted by wolfalone at 07:47 | TrackBack(0) | 交響詩篇エウレカセブン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月20日

ニルヴァーシュのプラモデル発売 エウレカセブン

交響詩篇エウレカセブンから、ついにニルヴァーシュtypeZEROのプラモデルが発売されるよ。
ちゃんとリフボードも付いてるそうです。肩部アーマーのブーメランが取り外し可能とかって説明があるんだけど、こんなのあったんだ。本編ではこれから使われるのかな。
ガンプラで培われた技術があるので、アニメ同様にいろいろ可動すると思います。商品説明ページの写真や3D画像を見たけど、本物(?)を忠実にモデル化している感じ。期待を裏切らない作品になりそうです。またまたプラモブーム再燃かな。詳しくは下記リンクを見てね。予約もできるよ。

交響詩篇エウレカセブン ニルヴァーシュ typeZERO ブラモデル
icon
posted by wolfalone at 00:43 | TrackBack(0) | 交響詩篇エウレカセブン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月08日

ちょっとこのBGM よくない? エウレカセブン

今朝のオープニングは、似てたなー。声優さんも同じだから余計に。アゲハ構想の計画書の見てくれがほとんどアレだったし。「あの男」なんて言い方も。「発動」なんてのも、ドキッとしましたな。
レントン君、急に暗くなったね。モノローグが多い主人公が暗いのはいかんな。もっと最初の頃のように無邪気にやってくれんと。まあ、違法取引の臓器を膝の上に乗せられて笑ってられないか。最後の方では少し救いがあったけど。
これから、ニューキャラが出て来て、まだまだ話が膨らみそうで何より。あの「スケボー」してる時に流れてるクラブ風のBGM良かったね。あんな音楽の使い方、最近のアニメにない。いい感じでした。

交響詩篇エウレカセブンDVD2
icon
posted by wolfalone at 18:50 | TrackBack(0) | 交響詩篇エウレカセブン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月02日

ゲッコー号

なんだか分からないけど、マシンが出てくるエレベータの入り口のデザインなどにエヴァがチラリ。ま、多分、分かってやってるんだろうけど。
今回は空の高いところへ上って行く感じが出ていて、相変わらず作画の質は高いなと。あのスケール感はタダモノではない。新しいキャラもどっさり出て来たし、お船---ゲッコー号だっけ---も出て来たし、ようやくコマが揃いましたって感じですね。エウレカは謎の多い娘だ。レントン君は妄想癖ありすぎだ。BPSの秋月さんを思い出したよ。
何回聴いても、やっぱりエンディングの歌は最高。
秘密基地 / 高田梢枝icon
posted by wolfalone at 02:14 | TrackBack(0) | 交響詩篇エウレカセブン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月24日

カットバックターンできた! エウレカセブン

エウレカセブン第2話、観ました。
カットバックバックターン!(で、あってる?) もうできちゃったね。周りに飛んでたマンタの赤ちゃん・・・じゃなくてスカイフィッシュが可愛かった。
アミタドライヴを差し込んでから、あー! ミサイルがー! そして、どうなるんだ主人公ー!
で、突然、何か(セブンスエル現象?)が起こった後に時間が跳んで、後で回想してやり直す。"初号機の暴走"を思い出したよ。ミサイルがせまって来てレントンの顔がドアップになった時、"シンジ君!!"て声が。でも、とっとと次に進んでくれるところが、スピード感あっていい。
エンディングの曲、「秘密基地」(で、あってる?)、聴くほどに良い曲だ。売れる。
これは、エヴァより長いこと好かれる作品になるかも。なぜなら・・・
あかるい!
早く待ち受けゲットしないと締め切り時間だよー。MBS主導だから関西の方がイベント盛り上がってるね。

交響詩篇エウレカセブンDVD1icon
posted by wolfalone at 08:48 | TrackBack(0) | 交響詩篇エウレカセブン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。