2005年09月06日

ホランドはリーダーとしてどうか

先週と今週と、まとめて見てからの方が良いと思って、先週は書かなかった。けど、結論はほとんど変わらない。
ホランドが、レントンに対して、やたらバイオレンスなのは、お気づきの通りです。その背景には、ホランドとレントンの姉が、おそらく、恋人だったこと。レントンの父の偉業とホランドの過去にも何かあり。さらに、エウレカに対してレントンが相性ピッタンコなこと。などが混ぜ合わさっているのだと。
結論として、ホランドは、リーダーのウツワではない。
殴り過ぎじゃ。キレ過ぎじゃ。仲間にとめられるまでやってどうする。今週のエピソードから、軍に居た時の辛い経験があるのは分かる。だが、自分の中の煮え切らないものを、子供のレントンにぶつけても仕方ないぞ。逆に、レントンはあそこまで理不尽にされても、あの程度の暴走でおさえているのだから、ホランドより大人にみえる。
とにかく、ホランドはダメだ。
ところで、今回のニルヴァーシュの暴走シーンは凄かったね。まんま補完計画と、初号機暴走の再現でした。死体の描写がエグい分、R指定行きかも。まあ、作画の品質が高いから、オーケーはオーケーですけど。
交響詩偏エウレカセブン Voice I-doll タルホ
icon
posted by wolfalone at 14:31 | TrackBack(0) | 交響詩篇エウレカセブン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。