2005年01月29日

今週もガンダムSEED DESTINY

今週のSEED Dは、ここまでの総集編。
アクティヴなシーンばかりを集めてくれたので、退屈しないで済みました。
ユニウスセヴン落下のところ、その動機や世界情勢が分かりやすかった。本編より良かったかも。
CMを見ていて、最近のグッズリリースラッシュは凄いなあ、と。
プラモ、カード、ゲーム、フィギュアと、ドンドン出て来る。
自分が子供時代に、まだまだアニメが開拓期でよかった。今みたいに各メディアが沸き立ってるとお小遣いが保たないもんね。

あとは、CSで「母をたずねて・・・」を観ました。これから、マルコはペッピーノ一座とアルゼンチン南部へ向かいます。そこにお母さんが居るかも。
posted by wolfalone at 21:40 | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月28日

神様 もうすこしタチコマ

待ちわびた「攻殻機動隊S.A.C.2ndGIG」のDVD vol.11が発売されました。
前回、バトーとクゼが対峙しているところで終わったので、めちゃ待ってたの。
もう、鬼のように即行で観ました。もやもや対決にはならず、ふたりはガチンコ対決してくれました。バトー、グサッ。でも平気みたいな。
今回は人物の動きも良かったし、爆弾処理する車両や、高層ビル街区を飛来するカラスたちの群れまで、本当に細かく動いていて、とにかく作画のクォリティーは高かった。作品の品質をいつまでも一定に保つって大変なんだよ。それを、シリーズ終盤まで丁寧にやっている。すごい。
とにかく続きが観たくてショップに走ったけど、今回は初回限定で5巻収納BOXとマウスパッドが付いてて、知らなかった私は超ラッキー気分でした。
もうすぐ終わりなんだ、このシリーズ。次巻は2月末発売。今回は、ちょっとタチコマエッセンスが少なかったけど、益々、続きが楽しみ。
posted by wolfalone at 10:49 | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月26日

サムライ・ジャック

相変わらず、「ティーン・タイタンズ」が、おもしろい。シンプルなストーリーと、キャラクターの個性が魅力。
そのタイタンズと同じカートゥーンネットワークで放送されているのが「サムライ・ジャック」。こちらは、日本の侍が悪役によって未来にタイムスリップさせられてしまう御話。その未来世界で様々な敵と闘い、時には仲間をつくりながら、過去へ戻る方法を模索するジャック。
和風の侍と、超未来の背景のミスマッチが何とも魅力的。作画も大人向けでクールなデザイン。セリフも少なく、リズミカルな音楽に乗ってテンポよく動き回るジャックたち。中でも、ジャックが刀で敵のロボットたちを斬って行く場面は最高。シャキーンと言う効果音が気持ち良いです。
声優は、主人公のジャックに宇梶剛士さん。敵役のアクに菅原文太さん。
外国人が描く日本の武士道。必見の一作です。
posted by wolfalone at 06:49 | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月22日

ミネルバのみなさん お久しぶり

今週もSEED DESTINYを観た。
久しぶりにミネルバの面々が出て来た。ガンプラのCM観てて思ったんだけど、インパルスの戦いの印象が薄くなってる。海上でエヴァ弐号機のように派手に戦ったのに。主役メカなのに・・・。フリーダムが、一度、羽ばたいただけでこんなに薄くなってしまうなんて。
DESTINYの番宣ではキラが出て来るのかハッキリ分からなかったので、ちゃんと喋りまくっている現状に満足。砂漠の虎まで一緒にアークエンジェルに乗ってるし。登場キャラはゴージャスに限る。来週は恒例のプチ総集編、ここまでの御まとめ番組。これから観ようと思う人は要チェック。

追伸
カガリの喋り方は、ヤンクミに似てるぞ。
posted by wolfalone at 22:36 | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月21日

ティーン・タイタンズ!

CSにてアニメ見まくりです。
留守録が溜まっていたので一挙に。
「MONSTER」「サムライ・ジャック」などもおもしろいのだが、今日は「ティーン・タイタンズ」がイチオシ。典型的なアメコミのクールな映像に、バリバリ日本人の声優。この微妙なセッティングが何とも魅力的。主題歌を歌うは我らがPuffy AmiYumi。この曲がまた元気で最高。しばらく、熱中しそう。
それから、「母をたずねて三千里」の再放送も。今回のお話は、ようやくアルゼンチンに着いたマルコとペッピーノ一座が再会するところ。お金を盗まれ、お母さんの居所も分からずに途方にくれていたマルコと、フィオリーナの再会シーンは感動的。アニメ史上に残る名シーンです。
CSは良い作品が新旧問わず放送されるのでアニメ好きには楽園。でも、観る時間が足りなくなったりして・・・。でも、やっぱり観ちゃうんだな。
posted by wolfalone at 21:21 | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月17日

稲中

CS739chで放送していた「行け! 稲中卓球部」が終わった。
何年か前に地上波で放送していたので、懐かしく思いながら観ました。意外と短期間だったのね。原作も読んでいたので、もっとナンセンスなエピソードも控えているのに、と少し残念。
アニメ版のチャームポイントは岩下京子です。茶髪で煙草吸ってて、マネージャの仕事なんてほとんどしないし、柄悪いんだけど、竹田のことが好きなところがかわいい。途中からエンディング曲も担当する活躍ぶり。歴史に残るヒロイン。
声優さんも「Gガンダム」のジョルジュ・ド・サンドで気取っていた山崎たくみさんが、矢吹ジョーオタクでぶっ飛んでる井沢役をやってたりするのがおもしろい。
いつかまた、新作が観たい作品です。
posted by wolfalone at 14:14 | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月15日

アークエンジェルと共に

今日から、アニメ、ゲーム、書籍の話題を中心にしたこのブログを始めます。
さっきまで、ガンダムSEED DESTINYの第13話「明日への出航(たびだち)」を観ていました。今回のエピソードは、前作SEEDのキャラがアークエンジェルに搭乗し発進。キラもフリーダムを駆り、カガリの結婚式に乱入。花嫁である彼女をさらって行くというスカッとしたシーンがありました。このブログの発進に合わせてアークエンジェルも発進したみたいで、なんだか嬉しいです。
今回のアークエンジェル発進シーンに象徴されるように、今のガンダムは絵が格段に綺麗になりました。ほとんどの作品がDVD化される時代ですから、作画のクォリティーも上げなければならないのでしょうね。

このブログでは、ジャンルにこだわらず、アニメ、ゲーム、書籍について書いて行きます。いろいろな作品についてお話ししたいのでお楽しみに。
posted by wolfalone at 14:12 | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。